海外FX業者「XM」の魅力に迫る

FXは世界の国々で使用されている通貨の為替相場を利用した投資取引で、「XM」はこのFXを提供している海外の取引業者になります。

2012年にXEマーケットとして設立されたこの取引業者は、2013年にはXMと名称を新たにし、日本国内でも多くの投資家たちから支持を得ています。

ヨーロッパのキプロス共和国に拠点を持ち、その信頼についても、世界でも検査の厳しい期間として知られるキプロス証券取引期員会に認可され、EUに承認されている「Trading Point of Financial Instruments Ltd」によって運営されている取引業者のため、高い信頼を得ているのです。

XMが多くの日本の顧客に選択されている理由の一つに、最大で888倍という大きなレバレッジがあるでしょう。

レバレッジとは、投資家がFX業者に預けている証拠金を元に、取引資金を融通してもらい、実際の投資額よりも大きな量の通貨を扱える仕組みになっており、例えば1万円の取引きを888倍で行えば、その利益も888倍になるのです。

日本の取引業者では、レバレッジは最大で25倍までという規制がありますので、これはやはり大きな魅力でしょう。

また、FX取引では為替レートの値動きを利用して投資を行いますが、為替レートの値動きがあまりにも早い場合には、投資家の発注が市場に伝わる前にその為替が変わってしまうスリッページという現象が起こることがあります。

この時に、違う価格で発注を確定させて良いかと確認されることをリクオートと呼んでおり、これが頻発すると取引に支障が出てしまうのですが、XMではこうしたリクオートが一切起こることがなく、投資家の発注が確実に為替レートに反応するために、日本の投資家からも高い評価を得ています。

投資家に対する様々なキャンペーンなどを展開している事でもXMは高い人気を確保しており、口座を新規に開設して入金をすると自動的にもらえるキャッシュバックボーナスや、また、入金の額によってもキャッシュバックボーナスが行われるキャンペーンも用意されており、顧客を飽きさせることがありません。

特に毎月ごとに行われている「100万ドルFXワールドチャンピオンシップ」は人気が高く、全ての顧客の中から上位に入賞した投資家には50万ドルが与えられ、さらに年間の投資での上位入賞し、決勝ラウンドで勝利すればさらに50万ドルが与えられる上、このチャンピオンシップへの参加料などは一切無料であるために、多くの顧客が100万ドルを目指して参加しているのです。

日本国内から海外の取引業者を選ぶ際に心配なのが、入出金の処理と言葉の壁になりますが、入出金には、ビザやマスターカードなどのクレジットカードや、ネットバンクの電子決済、銀行間での電信送金などが利用でき、何かトラブルがあった場合にでも日本語でのサポートサービスを受けることができ、メールやライブチャット、電話などの方法ですぐにコンタクトをとることができます。

この他にも、IPhoneなどのスマートフォンからの取引きをはじめ、世界的な基準のプラットフォームであるMT4やWEB Traderなどを使った取引きがおこなえるため、快適な投資環境がいつでも整っており、各種取引手数料の無料化や、マイナス残高のリセットなど、実に多様なサービスで、顧客である投資家が安心して取引きがおこなえるようにどりょくしているのです。